賃貸物件を借りる時にかかる初期費用

賃貸物件を借りる際には初期費用がかかります。合計すると家賃の6倍程度になるので充分な貯蓄が必要です。

賃貸物件を借りる時にかかる初期費用

賃貸物件を借りる時にかかる初期費用

賃貸物件を借りる時には初期費用として30万円程度の予算を組んでおくことが大切です。賃貸物件は住み始める月の家賃を支払えばいいという訳ではなく、不動産会社に支払う仲介手数料や、物件の管理者に支払う敷金や礼金を支払わなければなりません。

敷金は管理者に預けておくお金であり、借主が家賃を滞納した時や共有スペースにある設備を破損させた場合の修繕費に補填されます。また、退去時のハウスクリーニング料にも補填され、残った金額が変換されます。家賃の二ヶ月分が相場となっています。礼金は、物件の管理者に差し上げるお金であるので、敷金とは違って返還されることはありません。これも家賃の二ヶ月分が相場となっています。不動産会社へ支払う仲介手数料は家賃の一ヶ月分が法定の上限となっており、交渉しなければ最大料金を請求されます。家賃が7万円だとすると、初期費用の合計は42万円となります。これは充分に貯蓄をしてからでなければ賃貸物件には住めないことを表しています。ただし、礼金や仲介手数料が無料の場合もあるので、そういった物件を狙って探すことで節約できます。礼金に仲介手数料が含まれている場合もあるので、必ずしも得をするとは限りません。